文字サイズ変更ボタン、メニューをとばして本文へジャンプします。

特定非営利活動法人 アイ・コラボレーション神戸

サイバースペースにバリアはない

ここから文字サイズ変更ボタンです。

文字の大きさ変更:
大きくする
元に戻す
小さくする

文字サイズ変更ボタンはここまでです。

ここから本文です。

トップ新着情報

新着情報

2022年12月12日

「株式会社ナビコードジャパン」共同事業運営開始のお知らせ

 特定非営利活動法人アイ・コラボレーション神戸は、篠原電機株式会社(大阪市北区 代表 篠原基一郎)が本日、視覚障害者ならびに一般の方々への情報提供のための最先端技術“ナビレンス(※1)”普及のため設立した子会社「株式会社ナビコードジャパン」において、共同で事業運営を行うこととし、ナビレンスの普及を本格的に進めることとしましたのでお知らせします。

 篠原電機株式会社はこれまで、信号交差点での誘導歩行を支援する「音響ポール」「LED付音響装置」など、高齢者や視覚障害者など誰もが暮しやすい社会を実現するための取り組みを進めてきており、近年は当NPOとともにナビレンスの普及のための活動を行なってきています。

 ナビレンスは、スペイン発祥の視覚障害者自立支援システムで、スマートフォンアプリから高密度な人工マーカーを遠距離から読み取りシステムです。このシステムで使用するタグは、遠距離からフォーカスやフレーム設定を必要とせず、かつ歩行中でも迅速に読み取ることができるよう設計されています。

 ナビレンスを使用することにより、視覚障害者をはじめ移動中のすべての人がスマートフォンのカメラをタグに向けるだけで、タグ設置者が提供しようとする情報を素早く読み取ることができます。
 また、ナビレンスは既に世界各地で導入が始まっており、日本国内においては、当NPOを含むグループで、兵庫県神戸市(久元喜造市長)の支援を受け神戸市立アイセンター病院を中心とする地域で視覚障害者参加による実証実験を行っているほか、九州国立博物館(※2)ならびにクレマチスの丘/ヴァンジ彫刻庭園美術館(※3)等において先導的に導入されており、視覚障害者の方々からも本格的導入が待たれる状況にあります。

 当NPOは、ナビレンスを広く普及させるため、今後は株式会社ナビコードジャパンとともに活動し、視覚障害者が日常生活において必要となる情報収集の支援を行うとともに、すべての人の移動ニーズに対応したサービスと連携による地域課題解決ツールとして全国各地のまちづくりへの貢献、さらには外国人来訪者等への円滑な情報提供を目的として活動を続けます。

※1 ナビレンス
※2 九州国立博物館
※3 クレマチスの丘/ヴァンジ彫刻庭園美術館
※4 株式会社ナビコードジャパン

お問い合わせ

特定非営利活動法人アイ・コラボレーション神戸
神戸市中央区港島南町1-5-2 神戸キメックセンタービル 2階E室
電話・FAX 078-302-9811

2012年12月11日

只今リニューアル作業中です。

ホームページをご利用いただきありがとうございます。
リニューアル作業中のため一部リンクが見れないページもあるかと思います。
しばらくご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたします 。
2011年10月05日

神戸山手女子中学校で関口さんが講演を行いました。

講演の様子
2011年10月02日

しあわせの村にて「こうべユニバーサルデザインフェア2011」に出展しました。

2011年09月11日

神戸芸術工科大学にて「WordCamp KOBE 2011」に参加しました。

写真 神戸芸術工科大学
2011年08月23日

IT訓練デザイン制作科第8期終了式

終了証授与式
2011年04月25日

IT訓練デザイン制作科第7期終了式

終了証授与式

アイ・コラボレーション神戸事務所にて

2011年04月15日

神戸ITフェスティバルでセミナー

神戸ITフェスティバルで「ウェブの世界にもバリアフリーを!」と題して、アイ・コラボレーション神戸が実践しているアクセシビリティ診断や改善について、お話しました。
大勢の方がお集まりくださいました
2011年02月25日

市立神戸小学校で北山高与始さんが講演

市立神戸小学校で北山高与始さんが講演を行いました。
2010年10月20日

ウェブアクセシビリティ勉強会 in 神戸で講演

ウェブアクセシビリティ勉強会 in 神戸
ウェブアクセシビリティを業務として実践するということとは。現状の課題、今回の改定でウェブアクセシビリティに寄せる期待 などを改定以前からウェブアクセシビリティ診断改善業務を行ってきた事業者としての経験を踏まえてお話しました。

本文はここまでです。

このページは以上です。ページトップへジャンプします。